アレルギー対策

花粉症予防に最適な乳酸菌

毎年花粉の時期になると、天気予報と一緒に花粉情報がニュースで流れます。
それくらい日本人の花粉症率というのは高いということでしょう。
年々花粉症になる人が増えているとも言います。

花粉症の症状がでてしまうと、ティッシュを抱えて行動するしかないようですが、治療方法というものはまだ見つかっていません。
花粉が飛び出す季節が始まる前に、鍼灸で予防してみたり、甜茶が効くからと毎日飲んだり、みなさんそれぞれ苦労しているようです。

お腹の中の細菌の種類とアレルギー症状の関係が注目されているのをご存知ですか?
対処療法しかなかった花粉症に根本治療の兆しがみえてきました。
アレルギーというのはどうしておこるのでしょう?体にアレルゲンが入ってくると、これを体の外にだすためにIgEというたんぱく質が作られます。
アレルゲンはIgEたんぱく質につつまれて、くしゃみや鼻水として体の外にだされるわけです。

花粉症かどうかを診断するための血液検査では、血液の中のIgEの数を調べます。
アレルギーや花粉症の症状が出ている人のIgE値は異常な数字となっているので、一目瞭然です。
このIgEというたんぱく質を作るときに関わってくるのが、Th1とTh2という2種類のリンパ球です。
ふたつのリンパ球はバランスを取りながらIgEの働きを抑えたり、強くしたりします。
アレルギー症状が出ている人のTh1とTh2のバランスは悪く、IgEを多く作りすぎてしまっていることが分かっています。
IgEを作らせるように働くTh2に対して、ある一部の乳酸菌がその働きを抑えるように作用することが分かりました。
キリンヤクルトネクストステージから販売されているのは乳酸菌KW3110株を配合したドリンク。
オハヨー乳業からはLactobacillus acidophilus L-55株を使ったヨーグルトが販売されています。
カルピスからはLactobacillus acidophilus L92株を使ったサプリメント。
Bifidobacterium longum BB536という一般的にもよく知られているビフィズス菌にもアレルギーを抑える効果があると報告されています。
ただし、乳酸菌の効果http://www.takara-ks.jp/zenndamakinn.htmlには個人差がとても出ます。
少しずつ試してみてください。