アレルギー対策

スリムボディを実現してくれる乳酸菌

乳酸菌ってよく聞く言葉だし、コンビニやスーパーでよく目にする単語ですね。
チーズやヨーグルトといった製品と一緒に見かける単語なので、乳酸菌というのは乳製品と関わりが深そうだという漠然としたイメージを多くの人が持っているのではないでしょうか?ところが実際のところは「乳酸」をつくる細菌類のことを乳酸菌と呼んでいるのです。
漬け物が日がたつと酸っぱくなっていくのは乳酸の仕業です。
ヨーグルトや牛乳を摂取することでお腹の調子を整えることが出来るといいますが、実はこの乳酸が消化管の働きを活発http://www.koozba.com/tyounai.htmlにしてくれるからなのだそうです。

電子顕微鏡で見ると、腸の中にはまるで草原の風に吹かれるようにそよそよとゆらぐ細菌達がみえます。
「腸内フローラ」(腸の中のお花畑)と名付けられたこの細菌達は、小さいけれど実は人の体にものすごい影響力をもっているのです。
人の体の細胞は60兆個くらいですが、人の体の中に住みついている細菌の数は500〜1000種類もいて、なんとその数500兆〜1000兆個なのだそうです。
重さにすると、1.5キログラムもあるとか。
もはや、勝手に人の体に住んでいるなんて言えないレベルで、機能からみても臓器の一つだと考えていいほどの役割を果たしているから驚かされます。
この細菌達は人が食べる食べ物から栄養をとります。
好きな食べ物もそれぞれ違うのだそうです。
そして、ある菌が排泄したものを他の菌が食べて〜それを排泄したものをまた他の菌が食べて〜と1000種類もある菌達の中で食物連鎖という関係が成り立っているようです。
この菌達の食物連鎖の結果がうまくいくと、人はバナナうんちを出す事ができますが、違う結果になってしまうとお腹の調子が悪くなって下痢をしてしまったり便秘になってしまうのです。
善玉菌と悪玉菌という言い方をしますが、善玉菌が好きな食べ物を人がたくさん食べると結果的に翌朝には「バナナうんち」が出てくるという訳です。

それでは善玉菌が好きな食べ物はなんでしょう?
小さな小さな細菌の好みを調べるって大変な作業ですが、ちゃんと研究している方がいらっしゃるのです。
ガゼリ菌SP株というのは皮下脂肪を減らしてくれたり、血中コレステロールを減らしてくれたりする効果が報告されています。
ガゼリ菌SP株が入っている乳製品を食べると、腸内細菌がそのように働いてくれるということですが、1回ではもちろん効果が現れません。

せめて1ヶ月、毎日食べることでガゼリ菌SP株を好む腸内細菌を育てましょう。
1ヶ月後には、スリムボディになってるかも?!