アレルギー対策

美肌も欠かさない乳酸菌ダイエット

乳酸菌を積極的に摂る事で、お腹の調子がよくなり、ダイエットにも美肌効果もあるってご存知ですか?腸内環境を最適なバランスにすることが実は美肌への近道だったのです。
腸の中には500〜1000種類もの細菌が住んでいます。

細菌の中には善玉菌と呼ばれる人の体に良い働きをしてくれるものと、悪玉菌といって人を病気にしてしまうようなもの、そしてそれらのどちらでもなくて優勢な方と同じ働きをしてしまう日和見菌という3つのタイプに分けられます。
善玉菌が増えると食べ物の消化吸収を助けてくれたり、体の免疫機能を高めてくれたりしてくれます。
消化吸収が良いという事は、悪い物がどんどん体の外に出て行ってくれるので肌荒れの原因となる老廃物がたまらない=美肌になる、という事です。

善玉菌を増やす為には乳酸菌が含まれる食品http://lacticacid-bacterium.com/fed9.htmlを毎日食べる事が大切です。
乳酸菌が含まれているものhttp://theonemotorcycleshow.com/haxtukousyokuhinn.htmlはなんだと思いますか?乳製品にはもちろんたっぷり含まれています。
加熱処理されていないナチュラルチーズ、味噌、ぬか漬け、キムチ、塩麹などにも含まれています。
キムチにはヨーグルトと同じくらいの量が含まれているというから、韓国美人の美肌の理由が納得です。

そして、オリゴ糖や食物繊維も腸内のビフィズス菌のエサになるので、毎日食べるように心がけましょう。
オリゴ糖は、そのまま砂糖のかわりに料理に使ってもいいのですが、はちみつ、ポン酢、りんごなどにも含まれているので、上手に食生活に取り入れるといいですね。
食物繊維はビフィズス菌のエサとなるだけでなく、分解されると有機酸を生成するので腸の中を酸性にする働きがあります。
より善玉菌が活躍しやすいステージを作ってくれるのです。
また、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれるし、コレステロールが体にたまりにくくしてくれるので、ダイエットの強い味方です。
豆、穀類、野菜、キノコ、海藻などにたくさん含まれています。
「乳製品」「発酵食品」「オリゴ糖」「食物繊維」をキーワードにして、お肌もつるつるでダイエットもできてしまう食生活を心がけるといいですね。